スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

セスジスズメ その1 蛹

このブログでは何度かイモムシを紹介しているが、前々からぜひ掲載したいと思っていた種がある。それはセスジスズメ。体側に並んだ目玉模様は紫のグラデーションでとても美しい。また手触りはツルツルで思わず頬ずりしたくなるほど。

どこにでもいる普通種なのだが、なかなか出会う機会がなかった。

しかしついにその時は来た。
帰宅中、フェンスに絡んだヤブガラシにそいつはくっついていた。
堂々たる大きさだ。喜び勇んでさっそく持ち帰り、週末に撮影しようと思っていた。

その2日後、帰宅するとセスジスズメの幼虫は容器の中に茶色い体液をぶちまけ、動かなくなっていた。ウソ!死んだの?しかし触ってみると体に弾力がある・・・これはもしかして蛹化?このパターンはすでに何度か経験している。持って帰ったその日に撮影すべきだったなあ・・・。

その後幼虫は徐々に縮み、2日後には蛹の形になっていた。あーあ。
セスジスズメの蛹

蛹は少しホシホウジャクに似ているか。ウルトラマンの頭みたいなトンガリがある。
体にツヤがないタイプで撮影はしやすい。それにしても、幼虫が撮りたかったなあ。人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
17:26 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
コスズメ その1 幼虫 | top | 謎の虫刺され と コナチャタテ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://yasegama.blog90.fc2.com/tb.php/103-7c03dec4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。