スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

キイロスズメの蛹

数日前に、お隣さんからいただいたキイロスズメが蛹になった。
撮影時にすでにちょっと縮んで動かなくなっていた個体だが、やはりあれは蛹化の前兆だったようだ。
キイロスズメ蛹ななめ
なんとも言えない素晴らしい模様、そして頭のてっぺんに目が行く。

キイロスズメ蛹真正面
ホシホウジャクセスジスズメの蛹とにていて、稜がある感じ。

キイロスズメ蛹真横
よく見ると、眼、翅、触角がもうすでにわかる。頭の稜はやはりストロー状の口だろうか。

キイロスズメ大きさ比較
今まで見た中でもかなり大きな蛹である。羽化が楽しみだが、この秋?来春?


2015年9月20日 東京都青梅市 自宅
スポンサーサイト
23:34 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

キイロスズメの幼虫3色

ピンポーンと呼び鈴が鳴り出てみると、おとなりのおじさん。
「うちの山芋の葉っぱにでっかいイモムシがいるんだけど、何だろう?」とのこと。
キイロスズメたくさん
見るからにスズメガです、という巨大イモムシがたくさん。とってもボリューミーで、見てるだけで満足感を感じる。
また、自分の生きもの好きをおとなりさんに知ってもらえて、こうしてネタを提供して頂けることがとてもありがたい。

イモムシはゆずってもらったのだが、この日は忙しくて撮影できなかったので、オニドコロなどの葉っぱを与えて
2日後に撮影とあいなった。
キイロスズメ茶
調べてみると、セスジスズメが1匹いる以外は、すべてキイロスズメのようだ。
こいつは茶色個体。

キイロスズメ緑
これは緑色個体。もっと美しかったのに、2日間の間ほとんどエサを食べなかったようで、色がくすんでしまった。
糞による汚れもある模様。新鮮なうちに撮影したかった。

キイロスズメ薄茶
こいつは緑色だったのに、土の入った容器に一晩置いたら茶色に変わった個体。
2日の間に体が縮み、ほとんど動かなくなった。蛹化の前兆のような感じがする。

キイロスズメ目玉
後脚のすぐ後ろの節あたりに目玉模様。
茶色個体だと表情が感じられる目だが、緑色個体だとただの白色紋という感じ。

キイロスズメ尻尾
スズメガ幼虫の白バック撮影では毎回やっている尻尾のアップ。
このブツブツ感、いかにもスズメガという感じである。

キイロスズメ三並び
こうして並べると色の差がおもしろい。


2015年9月14日 東京都青梅市自宅
21:44 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

シンジュサンの幼虫

シンジュサン幼虫4
初めて見たシンジュサンの幼虫。ゴンズイの幼木にいた。

シンジュサン幼虫2
日本で2番目に大きな蛾というイメージだったが、幼虫の体長は5cm程度。
まだ幼齢なのかと思いきや、イモムシハンドブックを読んでみたらこれで終齢っぽい。

シンジュサン幼虫1
淡めの黄緑、水色、黄色という、ファンシーでやさしいカラーリング。

シンジュサン幼虫3
木陰から覗く姿がとてもチャーミング。


2015年9月11日 東京都
20:52 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ウスバカマキリ

梓川の乾いた河川敷の植生の中に、カマキリの影を見かける。
コカマキリかな?と思ったが、なんだかやたらと飛ぶ。
ウスバカマキリ2
おかしいと思ったら、ウスバカマキリだった。こいつも初めて出会う生きもの。

ウスバカマキリ1
案内役の菓子パンさんによると、腕の付け根に目玉模様があるという。
この写真だとちょびっと見えかけている。

ウスバカマキリ目玉模様
捕まえてみるとたしかに、見事な目玉模様が。

ウスバカマキリ魚露目
3人で探しまわって、見つかったのは2個体。見られてラッキーだったなと思う。



2014年9月26日 長野県松本市
07:00 | 昆虫類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ミヤマシジミ

クロツバメシジミとともに、たくさん見られたミヤマシジミ。
ミヤマシジミ1
見たことはあったけど、撮影するのは初めて。

ミヤマシジミ2
カワラハハコの群落で、複数個体が舞っていた。
東京ではすでに絶滅している、そのことを疑いたくなってしまう。

ミヤマシジミ飛翔2
苦手な飛翔撮影にもチャレンジしてみた。

ミヤマシジミ飛翔1
憧れの翅打ち下ろし写真。それっぽく撮れただけでもうれしい。

ミヤマシジミ飛翔3
ちなみに、飛翔写真はどれも大幅にトリミングしています。当然。


2014年9月26日 長野県松本市
07:00 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

クロツバメシジミ

梓川ツアー、最大の目的の一つはコレ。
クロツバメシジミ3
初めてお目にかかる、クロツバメシジミ。

クロツバメシジミ2
個体密度は低くない。すでにボロい個体も多かった。

クロツバメシジミ1
後ろに幽霊のようなもう1個体が写っていた。


2014年9月26日 長野県松本市
00:09 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ツルボにコアオハナムグリ

気合を入れて管理している草地に、ツルボが咲いた。
ツルボとコアオハナムグリ2
そこここにハナムグリが来ていた。たぶんコアオハナムグリだろう。

ツルボとコアオハナムグリ1
コアオのこういう姿がすごく幸せそうに見えるのは、自分だけか。


2014年9月10日 東京都東村山市
23:13 | 昆虫類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヒナカマキリ

海岸で砂地擬態の昆虫を楽しんだ後は、照葉樹林に場所を移した。
オオキンカメムシを見たかったが、食樹が見つからず。
越冬時期に来るしかないかな。

しかし同行した菓子パンさんが、素晴らしい昆虫を発見してくれた。
ヒナカマキリ
初めて見た、ヒナカマキリ。

ヒナカマキリの食事
カメラを構えている目の前で、捕食シーンを披露してくれた。
獲物は赤いアリ。足元に、もう1匹が写っている。

ヒナカマキリとダンゴムシ
さらに見ていると、歩いてきたダンゴムシにもアタック。
しかしダンゴムシがだんまりを決め込むと、じーっと見つめるだけになった。
動くものに反応しているようだ。

ヒナカマキリの大きさ
これがヒナカマキリの大きさ。人差し指の1関節分ぐらいしかない。
地面にいると、あっという間にどこにいるか見失ってしまう。
体を背景に溶けこませて獲物を狩る。小さくても、さすがはカマキリ。


2014年8月27日 千葉県
18:17 | 昆虫類 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハマスズ

一度は千葉県で「絶滅」とされたハマスズ。
その後、前々職の大先輩が発見したことで絶滅危惧IA類にランクが変わった。
ハマスズ
画像確認などのために一度目線を外すと、どこにいたのかわからなくなる。
見事な擬態。この時期はまだ幼虫だった。


2014年8月27日 千葉県
08:00 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヤマトマダラバッタ

砂地に生えるややまばらなオニシバの中を歩くと、大きめのバッタが飛び出す。
ヤマトマダラバッタ1
砂地に溶け込む見事な模様、ヤマトマダラバッタ。
全国あちこちの自治体でレッドリストに掲載されているのは、やはりこのような
良い海岸が無くなっているからだろう。
ヤマトマダラバッタ2
こんな感じのところにいる。オニシバがチクチクと痛くて、けっこう撮りにくい。


2014年8月27日 千葉県
15:00 | 昆虫類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。